光とレーザーを利用した脱毛の違い

専門的な機械を利用した脱毛方法には、光を使った方法とレーザーを使った方法の二つがあります。

光とレーザーではそれぞれどのような違いが生まれるのでしょうか。


基本的に、光とレーザーの大きな違いは脱毛の際に生じる威力にあります。


一般的な光脱毛は照射範囲が広くて体毛を消去するための威力が小さいので素人が扱うことができるというメリットがあります。

一方で、照射の威力が小さいので何度も施術を行わなくてはいけないという側面も持っていますので肌に対するダメージには気をつけなくてはいけません。



レーザーの方は、光よりも威力がかなり高いという特徴があります。

光は光の波長を変化させることによって素人でも扱うことができるように威力を小さくしています。

それと同じでレーザーの方も威力を大きくするために波長に変化を持たせて特定の波長を含ませています。



こうすることによって、光では得られることができない強烈な熱エネルギーを発揮させることができます。

両者ともに共通しているのは、こうした専門的な機械を利用して肌に対して火傷のような大きな傷を負わせることはないということです。

波長を変えると威力だけではなく特定の物体にしか熱を放射しないように作ることもできるので、安心して使うことができます。



特に、レーザー脱毛の方は医療脱毛として使われることが普通なので医者が安全面を配慮しながら使っていきます。患者の都合の良い方法を選択して効率的に処理しましょう。